妊娠中のカラーリング

カラーリングの人気ランキング

妊娠中のカラーリングは、胎児・母胎への影響が懸念されるので、使用を控えた方が無難です。

カラーリングTOP > 妊娠中

妊娠中のカラーリングはOK?

妊娠している女性にとって気がかりなのは、妊娠中でもカラーリングを使用できるかどうかという問題です。

実際、ネットでも妊娠中のカラーリングについては頻繁に話題になっており、 その可否については賛否両論です。

妊娠期間は約10ヶ月間と長いので、おしゃれ染めをしている方も白髪染めをしている方も、我慢して過ごすにはかなり長い期間と言えます。

実際のところ、妊娠中にカラーリングを使用しても大丈夫なのでしょうか?

妊娠中のカラーリングは基本的にNG

上記でも述べた通り、妊娠中のカラーリングについては賛否両論です。

しかし、一般的には、妊娠中のカラーリングは控えた方が良いとの意見が多数派となっています。

その理由は、お腹の胎児への影響と、母胎への影響の2つに由来しています。

胎児への影響

内服タイプの医薬品とは異なり、カラーリングは経口摂取するわけではないので、胎児への影響は無問題に思えます。

しかし、実際には薬品成分は肌から体内に吸収される仕組みになっており、肌から吸収された成分は血液に乗って全身を駆け巡ると言われています。

特に、胎児は母体の血中から栄養分を吸収しているので、頭皮から吸収したカラーリング剤の化学成分が胎児に影響を与える可能性はゼロとは言えません。

現実には、カラーリング剤を原因とした胎児への悪影響は立証されていませんが、かと言って安全性が確認されているわけでもないのが実状と言えるでしょう。

母胎への影響

妊娠中はホルモンバランスなどの影響で、体質や肌質が大きく変化している場合があります。

そのため、妊娠前は何のトラブルもなかったカラーリングでも、妊娠中に使うと肌がかぶれたり湿疹が起こったりする可能性があります。

また、妊娠中は嗜好もかなり変化するので、カラーリング剤特有の刺激臭で気分が悪くなるケースもあるようです。

他にも、妊娠中のカラーリングは染まりが悪く、思ったように色がつかないという例も報告されています。

以上のことから、胎児への影響もふまえて、妊娠中のカラーリングは控えた方がよいと言えるでしょう。

天然のカラーリング剤を使用する

とは言え、約10ヶ月もの間、生え際や白髪を気にしながら生活するのも、ストレスがたまってあまりいい影響を与えるとは言えません。

そのため、妊娠中にどうしてもカラーリングをしたい方は、悪影響を与える化学薬品などを配合していない天然系カラーリングがおすすめです。

天然系カラーリングの場合、化学染料のかわりに植物から採取した天然染料を使用しているので、肌にもやさしく、健康に害を及ぼすおそれはありません。

妊娠中のカラーリングは使用しないに越したことはありませんが、ストレスがたまるようなら、天然系カラーリングを上手に活用してみるとよいでしょう。

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) カラーリングの人気ランキング All Rights Reserved.