カラーリングの注意点

カラーリングの人気ランキング

カラーリングは基礎知識なしで使用すると、トラブルやアレルギー症状の可能性があるので注意が必要です。

カラーリングTOP > 注意点

カラーリングで注意したいポイント

カラーリングを使用する際は、髪や体への負担を最小限に抑えるため、いくつかの注意点を守る必要があります。

カラーリングは自宅で手軽に髪を染められるところが特徴ですが、配合成分には化学薬品が使用されているため、軽い気持ちで使うと肌トラブルや副作用などを引き起こすおそれがあります

カラーリング剤の影響としては、髪のパサつきやきしみ、枝毛、切れ毛、抜け毛などの髪のトラブルが一般的ですが、そのほかにも、直接体に影響を与える副作用も懸念されていますので、使用には十分な知識と注意が必要です。

カラーリングの前には必ずパッチテストを

カラーリングに使用される酸化染料には、単に髪や肌にダメージを与える刺激性のほかに、強いアレルギー症状を引き起こすパラフェニレンジアミンという成分が配合されています。

パラフェニレンジアミンは髪を発色させる酸化染料の主成分として知られていますが、アレルギー体質の方が使用すると、目の痛みや咳、呼吸困難など、激しいアレルギー症状を起こす可能性があります

また、敏感肌の方の場合、カラーリングに含まれるアルコール成分にアレルギーを起こし、肌のかぶれや湿疹、かゆみ、腫れなどの症状が出る場合があります。

そのため、カラーリング剤の説明書には、事前に必ずパッチテストを行うよう注意を呼びかけています。

パッチテストは混合液をあらかじめ腕の内側に塗ってアレルギーの有無を調べる皮膚テストのことで、パッチテストを徹底することにより、実際のカラーリングでのトラブルを未然に防ぐことができます。

アレルギー症状はその日の体調によって左右される場合もあるので、たとえ同じカラーリングを使用していても、パッチテストは毎回必ず行うようにしましょう。

パーマとカラーリングの同日併用は避ける

パーマとカラーリングを同時にかけている場合、美容院で1度に済ませてしまった方が手軽ですよね。

しかし、パーマとカラーリングは両方とも髪に化学変化を起こすものなので、1日に2つ同時にかけてしまうと、髪や肌に大きな負担をかけてしまいます。

そのため、美容院でもパーマとカラーリングの同日併用は控えた方がよいとアドバイスされるのが一般的です。

パーマとカラーリングをかける場合は、ある程度日数を空け、時間差でかけると髪へのダメージを減らすことができます。

ちなみに、カラーリング剤が髪に残っていると、パーマのかかりが悪くなったり、せっかく染まったカラーリングの色が退色してしまったりするので、時間差でかける場合はパーマを先にかけることをおすすめします。

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) カラーリングの人気ランキング All Rights Reserved.