色・カラーの選び方

カラーリングの人気ランキング

カラーリングで希望の色に染めるには、髪質や元の髪色を考慮する必要があります。

カラーリングTOP > 色とカラー

カラーリングの色とカラーを上手に選ぼう

自分の髪を好みの色に染めるには、カラーリングの色・カラーの選び方が重要です。

色やカラーを選ぶ際、基準となるのはパッケージに記載されている色ですが、髪質や元の髪色によっては、パッケージ通りの色に染まらない可能性があります。

よって、理想の色に染めるためには、自分の髪質と元の髪色をしっかり確認し、どの色を選べばよいのか事前にチェックしておくようにしましょう。

髪質で色・カラーを選ぶ

カラーリングは、たとえ同じ色を使っても、髪質が違えば仕上がりに大きな差が生まれます。

人間の髪質は大きく分けて軟毛・硬毛の2種類にわかれており、軟毛は細くて柔らかく、硬毛は太くて硬いという特徴があります。

細くて柔らかい軟毛は染料になじみやすいので、ほぼパッケージ通りの色に染まりますが、太くて硬い硬毛は染料になじみにくく、パッケージの色よりもやや暗めに仕上がります。

そのため、しっかりした硬毛の方は、希望の色よりもワントーン明るめの色を選びましょう。

元の髪色で色・カラーを選ぶ

元の髪色がすでに明るかったり、白髪が多かったりすると、その部分だけ一段階明るく染まります。

黒髪を染める場合、地毛の黒色と染料が混じるので染め上がりはやや暗めに仕上がりますが、元の色が白色や明るめの色だと、染料の色が出やすくなるのです。

そのため、黒髪の方はワントーン明るめの色を選ぶとしっかり染まり、白髪の多い方や元の髪色が明るい方は希望通りの色か、あるいはワントーン暗めの色を選ぶと希望に近い色合いに染まります。

白髪と黒髪がまばらに存在している場合は、黒髪の方が染まりにくいので、黒髪の色を考慮し、ワントーン明るめの色を選ぶと全体的に均一な染め上がりとなります。

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) カラーリングの人気ランキング All Rights Reserved.