ヘナ

カラーリングの人気ランキング

ヘナはインドを原産とする低木植物から抽出される植物性染料で、髪や頭皮を傷めずに染めることができます。

カラーリングTOP > ヘナ

ヘナとは

ヘナとは、インド北西部のラジャスタン地方などに自生する『指甲花』と呼ばれるミソハギ科の低木のことです。

英語名では『Henna』と呼ばれていることから、日本ではヘナ、ヘンナという呼称が一般的となっています。

ヘナの葉は昔から染料や薬剤、防腐剤として使用されており、その歴史は古代エジプト時代にまで遡ると言われています。

インドに伝わる伝承医学『アーユルヴェーダ』では、ヘナの持つ殺菌効果や体温降下作用が薬剤として用いられ、皮膚予防や止血、吹き出物、やけど、打撲、皮膚炎の治療などに多用されています。

近年、ヘナの染料としての効果が注目され、日本でもヘナのカラーリングが薬局などで市販されています。

ヘナの特徴

ヘナは植物由来の染料なので、ヘアカラー・ヘアダイやブリーチのように髪や頭皮を傷めることなく染めることができます。

もともとボディタトゥーなどにも使用されていた染料なので、肌にやさしく、敏感肌の方でも安心して使えるところが特徴です。

また、ヘアカラーやヘアダイに含まれるジアミン系成分でアレルギーを起こしてしまう方でも、問題なく使用できるカラーリングと言えるでしょう。

さらに、ヘナには傷んだ髪を補修するトリートメント効果もあり、髪にツヤやコシを与えてくれるほか、紫外線などから髪を保護したり、毛穴の汚れを取り除き、除菌してくれる働きも持っています。

そのため、敏感肌やアレルギー肌の方はもちろん、ヘアカラーやヘアダイで髪を傷めてしまった方にもおすすめのカラーリングとなっています。

ヘナの注意点

いいこと尽くしのように思えるヘナですが、ヘアカラーやヘアダイに比べ、デメリットもあります。

まず、髪や頭皮への負担が少ない分、ヘアカラーやヘアダイのように1度でしっかりとは染まりません。植物染料は染毛力が弱いので、ある程度繰り返し使わないと、髪色をしっかり染めることは難しいと言えるでしょう。

また、ヘアカラーやヘアダイには数種類のカラーが存在するのに対し、ヘナでのカラーリングは色が限定されてしまうので、いろいろな色でおしゃれを楽しみたいという方には不向きです。

さらに、ヘナで染めた後は、数日ほど色落ちしやすくなります。特に、髪が濡れたままだと枕などの寝具に色移りする可能性があるので、注意が必要です。

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) カラーリングの人気ランキング All Rights Reserved.